So-net無料ブログ作成

SAF1の記憶・・・2006ブラジルGP [F-1]

アグリさんの撤退発表以来、なんだか気が抜けちゃって・・・・・

トルコGP/モナコGPは見ましたがなんだか物足りない感ばっかりでねぇ・・・。

なんとなぁ~く、気持ちが入っていかなくって^^;

で、少し記憶をたどる事をして見ようかな・・・なんて思いました。

SAF1の2年6ヶ月を思い出したとき、一番印象に残っているのは、私的には、琢磨入賞のGPではなく、2006年のブラジルGPなんです。

4年落ちのお古で、7ヶ月前まではグリッドに着くだけで精一杯。

シートだって出来たのは一人分。

ウイングも二人分同じのが揃わなかった状態だった訳です。

それから7ヶ月。

ブラジルGPでは、お古のマシンにメカニックたちの知恵が総動員される形で
(もちろんホンダの知恵も入ってますが)
お古のマシンはオリジナルのマシンといえる程姿を変えていました。

その結果・・・

レース・ペースは他のマシンと全く遜色ない速さで走りぬき
特に第二スティントでは、アロンソ(ルノー)やライコネン(マクラーレン)を上回るタイムを連発し・・

時にはマッサ(フェラーリ)とほぼ同タイムを出す事もありました。

当時のBSのアドバンテージに助けられたところはありますが、
それでも結果こそ10位でしたが、上位を見れば

1-マッサ:フェラーリ
2-アロンソ:ルノー
3-バトン:ホンダ
4-シューマッハ:フェラーリ
5-ライコネン:マクラーレン
6-フィジケラ:ルノー
7-バリチェロ:ホンダ
8-デ・ラ・ロサ:マクラーレン
9-クピサ:BMW

つまり、上位陣がしっかり生き残った上でのガチンコの10位でした

クピサにしても、第一スティントでのタイム差こそ挽回出来ませんでしたが
第二、第三スティントでは、ラップタイムは琢磨のほうが早かった程です。

今にして思えば、SAF1にとって、最も「オリジナル」な、自分たちのマシンで戦って
最も良い結果を出せたGPだったのではないかと思います。

どこかの記事で読みましたが(某カメラマンの○ん○わさんの「サーキット便り」だったかな?)、
レース終了後に(たしか)ルノーチームがシャンパン持ってSAF1に乱入したと言うエピソード
(「世界で最も野蛮で楽しい」宴会だそうで^^;)もありました。

SAF1スタッフが他チームからも、「尊敬すべき仲間」として認められる働きをした1年の、
締めくくりのGPとして、最高の結果を出したのではないかと思います。

この1年間が・・・
はじめの1年間が、最もスタッフも、ドライバーも、アグリさんも・・・

チーム全体で、一番盛り上がっていて、輝いていた年だったのではなかったでしょうか?

その締めくくりのGPでした・・・。

希望に満ちた時を楽しんでいました・・・・。

やっぱり「夢」であり「希望」だったんですよね。

日本人のプライベーターがF1コンストラクターとして戦うのって・・・。

アグリさんの将来が、フランク・ウィリアムズのように成ればなぁ・・・なんて夢見たりしました。

やはりプライベーターがポジションをキープするためには強力なパトロンが必要という事ですよね。

企業はパトロンには成り得ませんからね・・。

私はHONDAもTOYOTAも好きですし、日本人だから日本のチームを応援します。
中島Jrもおとーさんの代から応援してますからもちろん応援します。

でも、この2年半でSAF1に見た夢は、それらのものとは全く違った「夢」だったと思っています。

そういう夢を背負って、現実に立ち向かっていったアグリさんには、全身全霊で敬意を表しますが、
返す返すも周りの企業の理屈が残念でなりません。

そんな「夢」だったと思います。
brazilian_06_09.jpg
(画像は佐藤琢磨オフィシャルWebサイトより)
http://www.takumasato.com/jp/photo_gallery/2006.html

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アグリさん・・お疲れ様でした [F-1]

http://www.so-net.ne.jp/news/cgi-bin/article.cgi?gid=spo&aid=20080506-570-OYT1T00473



事ここに及んで今更言う事はありません。

ただただ、「お疲れ様でした」と・・・・。

そしてホンダも・・・しっかりせぇよ!!・・・と・・。

今日はこれ以上は何も言えません。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

最期に希望の灯が見えたっっ!!頑張れアグリさん!! [F-1]

スーパーアグリに土壇場でパートナーが現れました!!

↓F1-live.comのニュースが入りました
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080502195628.shtml
SUPER AGURI、ワイグル・グループと契約間近!

鈴木亜久里代表と、フランツ・ジョゼフ・ワイグル(ワイグル・グループAG CEO)の声明が発表されました。

双方の声明で、契約が最終段階にあるとの事です。

ちなみに、↓GPupdate でも同じニュースが・・・
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2008/05/02/187054/
スーパーアグリ ワイグルグループとの交渉が最終段階へ

今回は特にワイグルグループ側の声明が同時に出ていることで、現実性が高いですよね。

行け!!アグリさんっっ!!

HONDAの役員をぶっちぎれっっ!!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

いよいよ持って絶望的かもしれません・・・ふぅ・・・ [F-1]

スペインで「真っ白」なマシンを走らせることになったスーパーアグリ・・・

いよいよもってダメかもしれませんね・・・。

↓F1通信の記事ですが・・・
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51288106.html
スーパーアグリ、結論は連休明け、マシンはホンダ・ファクトリーへ

ホンダの幹部たちがGWのため、議事の先送り・・みたいに書いてありますが、そう聞いた時点でなんだかなぁ・・・
要するにホンダにとってGWの休暇以上に大事な事ではない・・・ということですよね。

現場では急を要する事項だと思うのですが・・・。

だって8日の車検に間に合わせなきゃならないんでしょ?

んで、船便は3日はかかるんでしょ?

まぁ、空輸なら間に合うと言う事ですが、GW休んでおいて余計なコストかけちゃぁ、幹部の姿勢としてそれでいいの???
って言われちゃってもおかしくないですよね・・・。

だから・・・・どうやら・・・・・今度こそ・・・・。

スーパーアグリのマシンは、もうトルコを走る事は無いのかな・・・・・。

残念です・・・・。

壊れたノーズで完走した琢磨くん↓も、
f1-2008-spa-xp-1311.jpg
クルサードにからかわれて怒りでついこぼしてしまったデビットソンも・・・。
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51287359.html
デビッドソン、クルサードの嫌味に「黙れ」

さぞ無念でしょうね・・・。

どうせだったら、最後にSA-08を全チームのドライバーに試乗してもらって、どんなマシンで彼らが戦っていたかを、一言づつでもレポートしてもらったらいいのにね。

最も、彼らはプロだから、実はクルサードを含めて、わかっているんでしょうけどね・・SA-08が扱いにくいって事は・・・。
ただ、以前の琢磨のレポートのように「空力の重心があっちいったりこっちいったり」って状態は、想像着かないかも知れませんね。

まぁ、クルサードもスペインで終盤琢磨にブロックされたのでちょっと嫌味の一つも言いたくなったって訳でしょうが・・・。
ラップタイムで3秒ほど違っていたみたいですしね・・・。

そういえばチームとマシンの母体となっていたアロウズも、シーズン半ばで撤退しましたっけね・・・。

歴史は繰り返すんですねぇ・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ホイールカバーのいろいろ・・・バルセロナ・テストから [F-1]

相変わらず、アグリさんチームの不安な状況は解決されていない様ですが、
取りあえず、スペインGPに向けての準備は進んでいるようです。

何しろグリッドに着かなければ多額の違約金が発生するということですから・・・。

ともあれ出ないわけには行かない様です。

今週で事態が改善されることを期待しつつ・・・

引き続き、バルセロナテストを観察してみました。

フェラーリから始まったフロントのホイールカバーですが、
次第に採用するチームが増えて来ました。

そうなると、デザインにも、各チームの個性が出てくるわけで・・。

ferrali-cover.jpg

これが、「元祖」フェラーリのカバーですね。
ホイールの模様がプリントされています。

フェラーリらしい、いいデザインですよね。

runaut-cover.jpg

シンプルなのはこちら、ルノーです。
何か、スポンサーロゴだけが書かれているような、機能性のみ・・といった感じ・・。

mclaren-cover.jpg

マクラーレンはというと・・・。
形も大分独創的ですが、デザインも・・・。
風洞実験そのまま・・・みたいな・・・。
決して「てんてん」の塗装が乾かないうちに走っちゃったわけでは無いですよね^^;
それとも、ホントに気流の確認をするためのもの????

でも、ココまで前に伸ばしちゃって・・・、
「空力パーツ」にはならないのでしょうか?
レギュレーションの解釈は、よく解らんです・・。

でもって、HONDA・・・。

honda-cover.jpg

うーん・・・・「earth」にこだわってきましたね^^。
たしかにホイールはまぁるいので、「アース・デザイン」にぴったりです^^
左右のデザインが違ったりすると、さらに面白いんですが、そのあたりは未確認です。

んで、おまけがスリックタイヤのテストをするMシューマッハです。

slick-ferrali.jpg

これも「仮想2009」モデルですかね・・・。
バージボードとウイングレットが外されています。

先日のMP4-23/(仮)2009Verもそうでしたが、シンプルですっきりした感じ・・。

美しいF1が帰ってきそうです^^

ところで、フロアパネルが前の方が下がっているように見えるのは気のせい??

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。