So-net無料ブログ作成
検索選択
モータースポーツ ブログトップ

久しぶりに「事件」以外の記事をひとつ・・・・ [モータースポーツ]

昨日、三菱ダカールラリーからの撤退が発表されました。

HONDAのF-1撤退に始まり、SUBARUDAIHATSUのWRC撤退。
そして三菱・・・・。

世界的不況という背景を考えれば止むを得ない事とは思います。

また、モーターレーシングそのものが、これからの世の中では、決して繁栄していくものではないという事を明らかに示してしまった事だと思います。

でも、こういう事って、第一次オイルショックの時から、既に言われていたことなんですけどね。

20年ほど(?)前にウイングカーが禁止されて、F-1が大きく変化していった時、当事AUTO SPORTSでF-1のメカニズムに関する記事を連載していた、たてうちただし氏が、未来のF-1の進むべき道について、二つの選択肢を上げていたのを記憶しています。

一つ目は、アメリカのインディカーのように、ショー的要素を重視し、レギュレーションを詳細にわたり規制し、その決められた形(フォーミュラですな)の中で、各コンストラクターが争うというもので、その予想フォルムは、今のインディカーに近い形をしていました。
丁度今のF-1がそういう仕組みになっているように思います。

そしてもう一つは・・・・。
世界最高峰の技術を競う場としての意味合いを強め、バッテリーカーにシフトすると言うものでした。
スケッチに描かれたマシンはとても斬新で現在でも通用するデザインだったように記憶しています。

薄型バッテリーをシャシー底面に配置し、モーターは小型モーターを4基、各ホイール内に装備、ホイールは放熱のためか、薄型で大径の、今のソーラーカーに近いイメージだったと思います。
モーターがホイール内にあるため、車体本体にはエンジンが無く、車体はドライバーを保護するモノコックだけと言ってもいい状態だったと思います。
また、発熱部分は底面のバッテリーだけなので、冷却装置も必要ありません。
全体的にスリムで、いかにも未来的ではありました。

今からでも遅くは無いのでは???

F-1はいっそのこと次世代エンジン(バッテリー?燃料電池?水素エンジン?)を積んだ、全く新しい技術により作られた、最高峰のマシンが争う場になっても良いのではないかと思います。

KERSだのコスト削減だのと、ちまちまやってないで、いっそ一気にやってしまえと・・・・。

そしてその時、また、HONDAが帰ってくることを夢見て・・・・。


タグ:F-1

残念!!東海大、完走ならず:ルマン24hr [モータースポーツ]

東海大の学生たちのチャレンジは終わりました・・・

lemans-2008-24h-th-4351.jpg

もちろん学生たちだけの力でココまで来たわけではありませんが、

「世界」の舞台にスタッフとして自分たちが加わったことは

彼らにとって、誇りとなることでしょう^^

↓東海大のwebサイトにある、ル・マンプロジェクトの記事です。
http://www.u-tokai.ac.jp/lemans/from_lemans.html

ルマンは24hrが終了した時に走っているものは皆勝者であると言われますよね。

でも、リタイヤした者を「敗者」とも言わない文化がそこにはあると思います。

lemans-2008-24h-th-4302.jpg

挑戦することそのものに、価値があるという事ですよね。

結果を出すには、運も必要でしょうしね・・。

優勝しなくても・・・24hr完走できなくても・・・・

チームと共に、24hr後のゴールを目指して、全力で立ち向かうこと・・・。

その瞬間がかけがえのない物となるのではないでしょうか。

もちろん悔いは残るでしょうが・・・・

そうしてまた、ルマン中毒患者が増えていくって言うことですかね^^;

よくやったぞ!!東海大!!

君たちは世界に胸を張っていい!!

lemans-2008-24h-th-4321.jpg

画像はいずれもmotorsport.com からです^^
(たぶんDomeよりたくさん映ってましたよ^^)

ルマン:公式予選初日:DOME8位 [モータースポーツ]

ルマンの公式予選が始まりました。

初日トップはNo8のプジョーで、トップタイムは去年よりも8秒近く早いタイムという事です。

これは、ユーノディエールのストレートにシケインが設置されて以来のレコード更新と言う事で、

驚異的と言われていますが・・・。

こちらのNifty Motorsports Newsに詳しく載っています↓

http://www.nifty-kaigai.com/2008/06/lm2424_1_531c.html

よく見ると上位にはおなじみの名前がズラリと・・・・

ペドロ・ラミー
アレキサンダー・ヴルツ
フランク・モンタニー
クリスチャン・クエリン
リカルド・ゾンタ
マルク・ジェネ
ジャック・ビルニューブ
アラン・マクニッシュ

等々・・・・・・・

さながらF1同窓会?^^

ともあれ、DOMEも8位と中々のポジション。

東海大も38位(55台中)と大健闘ですね^^

12日も引き続き予選二日目が行なわれるとの事。

東海大のさらなる検討に期待です^^

lemans-2008-24h-eg-0805.jpg

ルマン・テストデー:DOMEと東海大 [モータースポーツ]

いよいよ本番まで10日を切ったルマン24hrですが・・。

5/31、6/1と、テストデーが行なわれました。

DOMEは問題なく車検もパスし、好調な滑り出しとなっている様子ですが・・・。

lemans-2008-24h-eg-0248.jpg

東海大チームは、車検から中々苦戦していた様子です。

シャシーの製造プレート(あまり詳しくないので違ってたらすみません)表示や、ドライバーライセンスなどで苦戦しながら、車検をパスしたと聞いています。

・・・が、何にしても無事車検も通過し、テスト走行を行なった様です。

lemans-2008-24h-eg-0805.jpg

元気そうで良かった^^

天候も結構荒れた様ですが、まぁそれも何とか・・。

lemans-2008-24h-eg-0995.jpg

タイム的には、DOMEは上位につけましたが、東海大はず~っと下位のようで・・・。

セッション1のタイムがこちらで・・・・
_Mans13h.png

セッション2はこちらです・・・。
_Mans18h.png

まぁ、ともかく東海大チームは参加し、24時間を走りきる事が大事だと思っています。

lemans-2008-24h-eg-0832.jpg

後残り9日間・・・・・頑張れ東海大!!

・・・・・ところでDOME・・・・・

・・・・・・目つき悪い^^;
lemans-2008-24h-eg-0523.jpg

東海大:ルマン・プロジェクトその後 [モータースポーツ]

東海大チームのルマン用マシンが完成し、発表されました。

↓モーターマガジン メディアログの記事です
http://www.motormagazinesha.co.jp/medialog/modules/wordpress3/index.php?p=92

写真も紹介しておきますね。

tokai01.jpg

記事にもありますが、ホント。学生たちの表情がカワイイです^^

ベースモデルは、クラージュ オレカLC70ということですが・・・・

↓これかな??
Courage_ORECA_01.jpg

画像はココから拝借しました↓
http://www.endurance-info.com/article.php?sid=5258&mode=&order=0&thold=0
フランス語なので記事はさっぱりです^^;

いずれにしろ、エンジンは東海大オリジナルという事ですから、
なんか、すごい楽しみな感じです^^

なんとか24時間を戦い抜いて欲しいと思います。

で・・・ルマンといえばもうひとチーム・・・。

DOMEも7年ぶりのニューマシンで参戦です。

↓DOME社の記事です
http://www.dome.co.jp/column/column_suzuki_16.html

こちらは、クローズドの完全オリジナルシャーシにJUDO(ジャッド)エンジンですね。

s102_1.jpg

やっぱりこちらのほうが個人的にもタイプですが^^

こちらは成績に期待したいところです^^


モータースポーツ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。