So-net無料ブログ作成

ボランティアや救援に関すること [その他]

今回の東日本大震災について、首都圏で生活している私も、日々色々な事に思いを巡らせています。

特に今、意識している事は

「何か出来ることはないのか?」

ということです。

今のところの私の考えとしては、

・本当に必要なもの以外は買わない
・あわてない、騒がない
・超節電モードを心がける
・ただし、健康には気をつけて元気に生活を続ける

健全な日常を送れる環境にある者としては、日本の経済に役に立つように、日々働き続ける事しかない様に思います。

こうした事が、間接的に少しでも多くの物資を被災地に送り届ける事の支援につながると考えています。

そんな中、こんな記事を目にしました。

阪神大震災での体験談を紹介した記事です。

http://chodo.posterous.com/45938410
「被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ~僕の浅はかな経験談~」

と題名の付いたエントリーには、当時高校3年生で、震災ボランティアに向う前後の体験談が記されています。

私も非常に感銘を受け、こちらで紹介させていただくこととしましたが、大切なことは、一時の感情で動く事にとらわれず、その時思った気持ちを大切に、持ち続ける事ではないかと思います。

こうした事には正解がないのが世の常だと思います。

若い人たちにも、是非この記事を読んでもらい、そしてそれぞれの自分の考えを持ってもらいたいと思っています。

2011/3/18追記

上記リンク先は3/23で閉鎖されることとなりました。
あまりに多くの反響があり、一部コメントに記事作成者の趣旨に反する「誤解」に基づいたものが散見され、その事が結果として今回の震災のボランティア活動などに悪い影響を与えかねない事を懸念したものという事です。

こうした事は、リンクを張って拡散した私たちにも責任の一端がある物と思いますが、色々な事を考えさせる「良い材料(文章)」が、このような形で存在を隠さなければならない事は非常に残念な事であると思います。

記事作成者の意思によれば、コピーにより所有する事は問題ないとのことなので、私は個人的に記事をコピーし、フェイスtoフェイスで話が出来る場に限り、機会を見て紹介することとしたいと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。